スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一長一短

ブログで、書いてると楽しいことばかり記事にしちゃいますが、ちょっと、補足説明を。

人間だって、いいところと悪いところがあるように。

完璧なら、生まれてくる必要がないんだから、一長一短は誰にでもあるよね。

まずは、我が家の古株完黒さん



純粋で可愛くて、毛もフワフワで。
何より真っ白な彼は、教えたことには従います。かなり、その点は完璧です。

でも、まだまだ昔の記憶が邪魔をして上手に人と関われません。触られることが苦手ですというか、追い詰めないと触れません。

じっくり、じっくり彼だけに時間を割いてくださる家族を待っています。(先住犬1匹くらいはいても、もしかしたら、犬はいない方がいいのか?最近仮母悩んでます。)



色白で、細マッチョの外人さんみたいなぼくちんは、我が家のムードメーカーで、どんな子とも上手に遊べます。

いつの間にか、仲良くなって一緒のカドラーで寝たりしています。

でもね、虐待されていたのか?本来とっても怖がりなのか?わかりませんが、人間の足と手をまだ怖いと感じる瞬間があるようです。(だいぶ取れましたがまだ、残っています。)突然、ビビってしまいます。



忠犬ブルーノさん。控えめででも、常にそばにいて、どんな時も満面の笑みでお出迎えしてくれます。

誰にでも愛想よく接しないところも、オンリーワンなわんこで愛おしいです。

でもね。犬には誰にでも友好的ではありません。我が家んでも、ちょっとしたいざこざがあります。

そうなる前に仮母が間に入ります。今は、だいぶ問題なくなってきました。1匹で家族に迎えてほしいものです。



妖精のいぶきさん。体重は5キロと紙のように軽いです。しかも、人慣れ抜群です。もういいよ。とこちらがねをあげるぐらいグイグイ来てくれます。歯もないから、歯ブラシしなくていいしね。

でもね。食べ物に対して執着があります。(人間に歯向かうことはありません。)食べている時、犬が近くを通ろうものなら小さな体で襲いかかります。食事の時は目が離せません。それ以外は、添い寝したり遊んだり、車だって狭いスペースにみんなと乗っての問題ありません。おやつの時ケンカすることはありません。1匹で迎えていただきたいです。



どんな子とも揉めません。猫ともとっても仲良く暮らせます。何よりすごい人懐っこいです。誰でも人間大好きです。呼べばいつでもどこでも飛んできます。
オムツですから、トイレを失敗することもありません。車椅子だって前後上手に使いこなします。

でもね。他の犬のボールを欲しがります。手に入らないと吠えます。
ご飯前とか、興奮した時も吠えます。
篭ってるから、そんなに耳には響きませんが、吠えます。なのに、インターホンとか、来客には吠えません。ダックスだから、これは許容範囲なんでしょうが・・・。それ以外の時は吠えないのでいないみたいに静かです。

では、ここで先住犬って完璧なの?って思いますよね。

愛しのトトちゃん



どんな子がセンターから来ても今の所受け入れてくれています。
時折様子を見ながら、アプローチもしてくれます。

でもね。散歩での引きは少々あります。(1匹の時はさほどではないですが、みんなで出る時は強めです。)

しかも、食べることが大好きだから、いたずらが半端ないです。留守番時ゴミ箱倒したこともありますし、車に買ったお野菜乗せてトトちゃん乗せてちょっと待たせたら、食べられたり。トトちゃんのいたずら対策に追われます。

おやつを入れていたダッシュボードはボロボロです。



こちらも、誰が来ても受け入れてくれます。永遠の妹気質です。

でもね。小型犬特有の耳をつんざくくらいの鳴き声です。回数は多くありませんが、正直ビックリするくらい大きな高い声です。正直、うるさいって感じてしまいます。子供が怖くて散歩時まだ、子供とすれ違う時パニックになります(だいぶ、改善されていますが)

そんなこんなで、一長一短です。
これからもブログで書くと楽しかったり、嬉しかったり感動した記事ばかり書いてしまいますが、みんなそれぞれあります。

それも、犬と暮らす醍醐味だと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

佐藤

Author:佐藤
はじめまして。
19年前なにも知らなかった私は、ブリーダーからコッカースパニエルのルディーを買いました。そして、こんなに大事にルディーはされているのに、殺されている犬がいることを知りました。ブリーダー放棄犬のイデルが家族になりました。そして、二人を天国に送って保護犬の預かりを始めました。現在は、宝と安とトトと旦那一人。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。