スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TNR

今週はずっと我が家のお散歩コースのずっと気になっていた猫ちゃんたちのTNRを火曜日からやっていました。

捕まえて→手術して→元の場所に戻す



事前準備が沢山あります。

まず、誰がご飯をあげているのか?
なぜ?去勢、避妊をしないのか?

周りの人は、どう思っているのか?困ってる人はいないのか?

保健所、役所に苦情は来ていないか?

エサやりさんとコミニュケーション。協力してくれる意向はあるのか?

餌場に来ている子の写真を一枚一枚撮ります。なぜなら、捕獲時に捕獲し忘れがないか?確認できることと、今回のエサやりさんは、正確な頭数を把握していなかったので。

当初の6~7匹と言っていましたが、写真を撮ると似ている子が3匹いたりして、結果18匹でした。

苦情も言われたことないと言っていましたが、近所の方々は糞尿被害を訴えていました。

猫は何も悪くない。人間の、配慮が足りないから。

準備を初めていざ、捕獲までの2ヶ月くらいの間に4匹の子猫がなくなりました。

TNR前日にも交通事故で1匹。

かわいそうだから、エサをあげる。でも、自分の猫じゃないから、手術はしない。

私は、ご飯をあげた時点で、その猫達に対して責任が発生してくると思うんです。

ご飯をあげたことにより、栄養状態が良くなり、出産が可能になります。

生まれた子は、上手に育たない。

でも、エサやりさんは猫が死ぬのが平気なんです。

「ここんところ見ないね。死んじゃったんじゃにかな?」

「この子は毎回子供を産むけど、1匹も育ったことないね。」

なんか、命の重みがもうなくなってる。発言をします。

悍ましい。

交通事故で、亡くなった子猫ちゃんを発見したのは、散歩中の仮母で、母猫は近くで亡くなった我が子をじっと見つめていました。

こんな思いをもうさせたくない。

人間が捨てて、外で暮らすことを強いられて。

生まれた子猫も、短い猫生しか生きられない。きっと意味はあるんだろうけど、なんで産まれてきたのか?



まだ、この子が捕まってなくて。エサやりさんが引き続き頑張ってくれると約束してくれました。

とっても、怖がりで慎重で。メスだからどうしても、捕まえて手術をしたいです。

エサやりさんが無理ならほとぼりが冷めた頃また、仮母張り込みます。

我が家の安さんのお母さんはなかなか捕まらない野良さんで。

ようやく、捕獲ができたらお腹が大きくて預かりさんのお家で出産しました。



触れるような子ではなかったので、母猫さんはすぐにリリースしました。

安さんは人間によって授乳されて育てられました。

元々、心臓がちょっと弱いから他の猫より小さくて。



この子も



この子も

他の15匹も、もうケンカしたり、子供を産まなくていいんだよ。

のんびり残りの猫生を暮らそう。

外猫さんの猫生は、短いけど今迄より身体にかかる負担は小さいし、何より近所の方の猫の見方が変わります。

どんどん産んで増える困った猫から、手術を頑張った産まない猫へ。

でも、大変な作業だな~。

猫を捕獲したり、運搬したりするのは苦にならないんですが、エサやりさんとの人間関係。

人間って難しい。

特に、平気で18匹まで増やしてしまう精神状態の人とのコミニュケーション。

難しい。ことの重大さがわかってないから。

また、気になる現場を見つけたら猫の幸せのために取り掛かるんだと思うんですが、しばらくお休みします。







comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

佐藤

Author:佐藤
はじめまして。
19年前なにも知らなかった私は、ブリーダーからコッカースパニエルのルディーを買いました。そして、こんなに大事にルディーはされているのに、殺されている犬がいることを知りました。ブリーダー放棄犬のイデルが家族になりました。そして、二人を天国に送って保護犬の預かりを始めました。現在は、宝と安とトトと旦那一人。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。