スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺処分のないシェルターを作った9歳の少年

友人がたまに素敵な動物の記事を送ってくれます。ちょっとご紹介
詳しい記事はこちら。

殺処分のないシェルターを作った9歳の少年

アメリカでは11秒に1匹の殺処分のが行われていて、この悲しい現実を知った少年は、親のガレージで殺処分のないシェルターを作りました。



お金がない。ということで夢をあきらめずに、自宅周辺のわんこのお世話を始めます。



彼の素晴らしい行動が、インターネット上で共感を呼び、寄付金が集まったそうです。



その寄付金によって、良質なフードと医療処置が行えるようになりました。
保護開始当初は3匹のワンコで、栄養不足によりやせ細り、人間を怖がっていたそうですが、



少年の愛深いケアにより



こんなに元気になりました。
寄付金はさらに集まり、現在は規模の大きな本格的なシェルターを作っているそうです。

素晴らしい少年がいた。

尊敬と感謝です。



私の周りにはまだいないな~。



「仮母さんも頑張るでやんすよ。」





comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

佐藤

Author:佐藤
はじめまして。
19年前なにも知らなかった私は、ブリーダーからコッカースパニエルのルディーを買いました。そして、こんなに大事にルディーはされているのに、殺されている犬がいることを知りました。ブリーダー放棄犬のイデルが家族になりました。そして、二人を天国に送って保護犬の預かりを始めました。現在は、宝と安とトトと旦那一人。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。