スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットショップで犬を買うこと

以前にも載せた話題ですが、現実を直視してください。

本当に起こっていることです。

まずは、こちら岡本夏生さんのブログです。

岡本夏生さんのつぶやくブログです

常日頃同じことを思っています。

私も、一番初めのルディはどこぞと知れぬブリーダーでした。

ルディと暮らした16年は誇りに思う時間でしたが、買った自分を恥じています。

無知は罪。

よく言ったものだと思います。



全てのブリーダーさんとはもちろん言いませんが、ボランティア団体がレスキューにはいるのは大概こんな感じです。





こんな感じで、何年も狭いケージに入れられて、発情が来れば生まされて



こんな環境ですから、本当にその子はマルチーズなのでしょうか?

それでも、ジャパンケネルクラブに登録をマルチーズですれば、店頭に並ぶ時にはチャンピョン犬の子供と言う血統書がつきます。

お金を払えば血統書は発行してもらえますから。

ボロボロのお母さんから生まれた子供は、ペットショップの店頭に並ぶ時は、



ピカピカの



ふわふわで



誰でもがお金さえ出せば買える。

百歩譲って衝動買いでも終生彼らのために命をかけて安全と心地よさと無条件の愛を注いでくれる人のところに行ければそれは幸せ。

そうなっている子はどのくらいいるのだろう?



保健所には、



ここはペットショップか?

というほど、



純血種が収容されています。

千葉のセンターにも純血種も収容されています。純血種は専門で引き出しをしてくださるボランティアさんがいるからレポートには載っていないだけです。

人間が原因なんです。

全て。

今、迎えている子の幸せは飼い主さんにかかっています。彼らに悪いことは一個もないんです。

コメントをいただきましたチワワさん。これが私の思いです。

どうか、よろしくお願いします。

「お借りした写真は全てイメージです。大切に使わせていただきました。」



comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

佐藤

Author:佐藤
はじめまして。
19年前なにも知らなかった私は、ブリーダーからコッカースパニエルのルディーを買いました。そして、こんなに大事にルディーはされているのに、殺されている犬がいることを知りました。ブリーダー放棄犬のイデルが家族になりました。そして、二人を天国に送って保護犬の預かりを始めました。現在は、宝と安とトトと旦那一人。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。