夢を見始めた



仮ははが、寝込んでいる足元で

「ヒンヒン、ファンファン。」

寝言をいい始めたぼくちんさん。

そんなに、楽しそうな感じではなかったので

「大丈夫ですか?」

と声をかけました



「ちょっと、状況がわかんないでやんす。」



「・・・。」



「あぁ、仮ははさん。大丈夫でやんすか?」

保護犬さんは、家に着てしばらくすると夢を見始めます。

みんな、そんなに楽しそうな夢じゃないようで、悲鳴みたいな声をあげることがあります。

中には、他のメンバーが心配して除き込む声をあげる子も。

でも、この夢も全て見終わったら、次はきっと楽しい夢を見ることができるんだと信じています。

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

佐藤

Author:佐藤
はじめまして。
19年前なにも知らなかった私は、ブリーダーからコッカースパニエルのルディーを買いました。そして、こんなに大事にルディーはされているのに、殺されている犬がいることを知りました。ブリーダー放棄犬のイデルが家族になりました。そして、二人を天国に送って保護犬の預かりを始めました。現在は、宝と安とトトと旦那一人。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR