さらに、少しずつ

こんばんは。

少しずつの完黒さん。

最近は、外出先から帰って来ると、自分の部屋からではなく、リビングからお出迎えしてくれます。



また、人の前でおしっこができるようになりました。



お留守番の間に、トトさん、リーラさんと何かを話しているのかもしれません。

もしかしたら、ゆっくりと過ごしているのかもしれません。

こんな当たり前の変化が彼には、大きな変化です。

いったい、彼は今までどのような環境にいたのでしょうか?

ウンチは、まだ落ち着いてできません。

そういえば、カルナさんもうちに来た時は、ケージの中にいた時はウンチできたけど、ケージの外では落ち着いてできるまでだいぶ時間がかかりました。

どんな環境に・・・。

昔、ブリーダー放棄犬のゴールデンレトリバーのイデルと暮らし始めた時もそういえば彼は落ち着いてウンチができなかったです。

そのブリーダーさんも、多頭崩壊に近かく、強いグループの犬ががご飯を食べ、次に強いグループ犬がが食糞をして、それよりも弱いグループ犬は痩せて行くのです。

だから、6ヶ月だったイデルはウンチをした側から食べられるのです。最後までお尻を低くしてウンチをしました。
初めて、イデルのウンチスタイルを見た人は、おすわりをしてるんだと思うほど。これは、彼が亡くなるまで変わることはありませんでした。

完黒さんはどんな過酷な生活を強いられたきたのでしょうか?

たくさん増やした人間は、何も感じなかったのでしょうか?

完黒さんだって止まっていたいんだと思います。
でも、衝動的に動いてしまいます。

心が痛みます。

ただいま、お預かり中のリーラさん。25日に入院が決まりました。
お話を聞くと結構長い入院になりそうです。

捨てる人。いなかったらリーラさんはこんな痛い思いをせずに暮らせるのに。


comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

佐藤

Author:佐藤
はじめまして。
19年前なにも知らなかった私は、ブリーダーからコッカースパニエルのルディーを買いました。そして、こんなに大事にルディーはされているのに、殺されている犬がいることを知りました。ブリーダー放棄犬のイデルが家族になりました。そして、二人を天国に送って保護犬の預かりを始めました。現在は、宝と安とトトと旦那一人。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR