スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットショップで犬を買うこと

以前にも載せた話題ですが、現実を直視してください。

本当に起こっていることです。

まずは、こちら岡本夏生さんのブログです。

岡本夏生さんのつぶやくブログです

常日頃同じことを思っています。

私も、一番初めのルディはどこぞと知れぬブリーダーでした。

ルディと暮らした16年は誇りに思う時間でしたが、買った自分を恥じています。

無知は罪。

よく言ったものだと思います。



全てのブリーダーさんとはもちろん言いませんが、ボランティア団体がレスキューにはいるのは大概こんな感じです。





こんな感じで、何年も狭いケージに入れられて、発情が来れば生まされて



こんな環境ですから、本当にその子はマルチーズなのでしょうか?

それでも、ジャパンケネルクラブに登録をマルチーズですれば、店頭に並ぶ時にはチャンピョン犬の子供と言う血統書がつきます。

お金を払えば血統書は発行してもらえますから。

ボロボロのお母さんから生まれた子供は、ペットショップの店頭に並ぶ時は、



ピカピカの



ふわふわで



誰でもがお金さえ出せば買える。

百歩譲って衝動買いでも終生彼らのために命をかけて安全と心地よさと無条件の愛を注いでくれる人のところに行ければそれは幸せ。

そうなっている子はどのくらいいるのだろう?



保健所には、



ここはペットショップか?

というほど、



純血種が収容されています。

千葉のセンターにも純血種も収容されています。純血種は専門で引き出しをしてくださるボランティアさんがいるからレポートには載っていないだけです。

人間が原因なんです。

全て。

今、迎えている子の幸せは飼い主さんにかかっています。彼らに悪いことは一個もないんです。

コメントをいただきましたチワワさん。これが私の思いです。

どうか、よろしくお願いします。

「お借りした写真は全てイメージです。大切に使わせていただきました。」



スポンサーサイト

ゲンコツ

今日は、朝から雨だからたくさんお散歩行けないので、仮母が用意していたスペシャルなものをあげました



ゲンコツ。

今までは、ネットでおやつとして既製品買ってたんですけど、頭数も、頭数なんで、1本1500円のゲンコツは厳しい。

でも、なんかあげたいな~ってことで

千葉は結構簡単に手に入ります。東京じゃ無理。

しかも、前住んでた築地じゃぁ業務用サイズになっちゃうし。

2本で150円也。

湯がいて、ちょっと天日干し(湯がいたままじゃべちょべちょで、室内であげる勇気がなかった)



ブルーノさんは、トイレに持ち込みです。



ぼくちんは、自分のカドラーへ。



トトさんは骨頭が落ちたのでその部分だけもって本体は捨てたみたいです。



欲張りリーラさんは、すかさず、トトさんの骨も集めて2本ゲットです。

目ざといね~。

でも、仮母この時点で大きなミスをしたことに気付きます。
カドラーがべちょべちょになっているということ。

皆さんは、ゲンコツあげる時はカドラーは仕舞いましょう。

私も、次回はしまいます。



けんちゃんは、食べてるところを写真に撮ろうとしたら、骨を取られると思ったのか?骨をもってケージの中へ。

我が家の王子こと完黒さんだって



食べてます。リーラさんに頂戴って言われても無視して食べられるようになっています。



控え目ですが、頑張って食べています(骨頭だけあげました)

王子には、骨全体は固すぎるから。

ぼくちんが一番歯が強いかなって思ったんですけど、

この方でした



ちょー短時間で食べていました。

歯が強いんだね~。

でも、みんなちゃんと骨を取ろうとしても返してくれますよ。

とーってもいいこ。

また、買ってこよう

犬の整体

今日は、犬の整体に行ってきました

写真は撮り忘れました。



「気持ちよかったなりよ。」

けんちゃんは、結構足に筋肉が付いているので普通の犬なら既に立つらしい。



「僕に普通は通用しないなり。」

結局、お尻にも筋肉をつけて、立たざるおえない状況に追い込むしかない。と言うことで、やり方教わりました。

なかなか、頑固オヤジ。



「一筋縄には、いかない。いかせないなりよ。」

風になびかれながら、語るけんちゃん。

仮母負けません。

絶対立たせるんだ。




「僕も行ってきた。いい感じだって言ってもらったよ。」

次回は、9月。

ケイ子さんとか連れて行ってあげたい。

里親募集です

今回は、友人の仕事仲間の方からのお願いです。

2週間ほど前に家の前で動けなくなっていた鳩を保護したそうです。



8月24日まで、鳥の専門の病院で治療していまして、めでたく退院となりました。

保護当時、足には、レース鳩についているタグが付いていたので、鳩のレース協会に問い合わせ、所有者も割り出しましたが、このような怪我をしたりした子は必要ないようで、殺処分にするということでした。

そこで、保護した方が譲り受け治療をして、新しい本当の家族を探すことになりました。

レースなんて関係ない。

ただ、家族として愛される鳩生スタートさせてあげたいと思います。



現在は、保護されているお家にいます。

怪我の影響か?若干麻痺が残るかもしれないという見解ですが、家庭で暮らすにはなんの問題もありません。

まだ、幼鳩なのでこれからの関わり方では、手乗り鳩になる可能性も高いようです。

とーても美人。綺麗な子です。

大人しい子です。



譲渡の条件は、

健康管理をしっかりしてくださり、完全室内飼いで、愛情と責任をもって終生飼育してくださる方。

また、飼い始めるにあたって市川市の鳥の専門の病院で飼い方のお話を聞いてくださる方にお願いしたいと思います。

大変申し訳ありませんが、お仕事上転勤が多い方(引越し)、小さいお子さんいらっしゃるお家や、同棲中のカップル、あまりにもご高齢すぎる場合お断りすることもあります。

よろしくお願いいたします。

よろしければ、Facebook、ツィッターで、拡散お願いします。

何件かお問い合わせいただきましたので、連絡先を削除させていただきました。

狙われたブルーノ

ここのところ涼しい日が続くので、日中はそら庭に行っています

ぼくちんも、トトさんも一匹だととっても大人しい。

でも、2匹になるとギャング。

決して、喧嘩を売って歩くわけじゃないんですが



「オラオラオラ~。」

「危ないでち。」

結構、激しく遊びます。



「オラオラオラでやんす~。」

誰が、いようがお構いなし。



「危ないのです。」

でも、遊びはエンターテイメントなのか?観客がいる方へやってきます。



「オラ~。」

近いよ。近い。



避難するために、トトさんたちとは違う動きをブルーノさんしました。

その時



「トト兄さん、ブルーノ兄さんがあんなことしるでやんす。」

「おう。行くぞ。ぼくちん。」

次の瞬間



襲われた。



観客に徹します。

きっと、ブルーノさんも遊べるんですが、どうも足が痛いみたいです。

ギャングたちに狙われたブルーノさんでした。

早く、足手術ができるといいね。



完黒さんは、ブラッシングを滅多にできないから、毛玉ごと毛を切りました。

耳の毛も短くして、子犬さんみたいでしょ?





ようやく、屋上

我が家の3階は「そら庭」というコンセプトの屋上があるんです。

お散歩が出来ない子とかにいいかな?

と思って作ってもらいました。

というより、庭付きのお家が買えませんでした

天然芝を敷いたのですが、まさかの病気にかかって枯れる。という事態で、もっと早くにみんなを招待したかったんですが。

ようやく、芝が落ち着いてきたんでそら庭に順番に運んで見ました。



ブルーノさんは、仮母がどこに行くにも付いてくるので、水やりの時から毎日来ていたので余裕です。



「ここは、好きでごわす。」

ブルーノさんは、芝の上が大好きでスリスリします。(この写真は、ウッドデッキですが…。)

いぬ親さまのお家にお庭があったらいいね。



「こんなとこあったでやんすか?楽しでやんす。」

ドックラン大好きぼくちんは、トトさんを遊びに誘って終始ご満悦。



「ぼくもいるです。初めては緊張です。」

なんとも困り顔。

ここに連れてくる前に、脱糞済みです。



しばらく、様子を見ていたら

「ここは、悪くないかもです。」

なかなかの笑顔が出ました。



もっとも、そら庭を楽しんだぼくちんには、後光がさしました。



「また、連れてきてね。」

はい。いーよ。
階段を登るだけだからいつでもいいよ。

もーかわいい。可愛すぎる。

家の中では、触れないなんて思えないほどいい笑顔だ。

家の中で、触ったら脱糞しちゃうなんて思えないほどいい笑顔だ。

愛おしいぞ。完黒さん。



「脱糞のことは言わないで。」

あ!!後ろ!

欲張り

ぼくちんとけんちゃんは、ライバルです。



「ずるいでやんす。」



「何がなりか?」

いっつも、ぼくちんに盗られるので考えましたね。

欲張りけんちゃん。



ダックスの口って大きいんだね。

想像してみてください

我が家の預かり優等生ブルーノさん

彼は、家族の中の一人と深い関係を作りたいタイプのようなんです。



あなたが、テレビを見ていても、必ず足元で寝ます。



あなたが、他の子に構っていても、独占欲が強くて、邪魔したりすることはなく、じっと側で待ちます。



でもって、じっと待って空いた時を見計らって甘えます。



お留守番中もあなたの帰りをじっと待ちます



あなただけの帰りをひたすら待ちます。



他に家族がいても、さらにあなたの帰りだけを待ちます。



あなたが玄関から帰って来て部屋に入ってくるのを、礼儀正しく待っています。

もちろん、一緒に出かけたって



あなた温もりのある運転席で、ただあなたの帰りを待ちます。



ドックカフェでも、あなたが美味しくご飯を食べ終わるまで、椅子の下であなたが声をかけてくれるのを待ちます。



想像してみてください。こんなに愛されるということを。

是非、家族に迎えてください。
(手術が終わったら募集開始します。)

おやすみ



「今日は、ブログおやすみですね。」

アネカルさんパート2

先日、遊びに来てくれたアネカルさんのいぬ親さまから写真をいただきました。

仮母が撮った写真とはまた、違うものが届きました。

ちょっとご紹介



アネカルさんが来たので、抱っこして連れて来た時



しっかり、ご挨拶。



「散歩はまだでやんすか?」



こんな感じで仮父と散歩です。






「しっかり、アイコンタクト」



「みんな、暑い中散歩なりね。クーラーの下が最高なりよ。」

そういえば、最近完黒さんは常同行動しないです。

ぐるぐる回らない。

もう「ですです。」は卒業ですね。



「余裕なのです。」

07 | 2015/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

佐藤

Author:佐藤
はじめまして。
19年前なにも知らなかった私は、ブリーダーからコッカースパニエルのルディーを買いました。そして、こんなに大事にルディーはされているのに、殺されている犬がいることを知りました。ブリーダー放棄犬のイデルが家族になりました。そして、二人を天国に送って保護犬の預かりを始めました。現在は、宝と安とトトと旦那一人。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。