品川いぬ親会&手作りごはん

こんばんは、サトウです。

いぬ親会IN品川行ってきました。

写真 3

なんか、この方たちいぬ親会余裕なんですよね。

家じゃビビ、ビビしてることもあるのに・・・。

ついには、いぬ親会で遊び始める始末。

不思議な、子達です。

アネラさんは、最後まで起きていられましたが、

子犬であろうカルナさんは、後半眠りに・・・。

沢山の方がお声をかけてくれました。

八王子の社長さんは

「これだけいてるんだから、二個一で出るね。」

つまり、二匹いっぺんに行くのではという予想。

それが何より、楽なんでしょうね。

次の犬親さん。一匹、一匹では少々スタートが大変かもしれません。

CIMG4043.jpg

どっちが、カルナでアネラでしょう?

CIMG4033.jpg

車なんかに乗せると、通りすがりの人が、

「一匹??二匹??。」

とびっくりするくらい似ています。

そういえば、先日、布ぞうり編んだんですよ

写真 1 (2)

でも、三日目には

写真

このありさま。でも楽しかったようです。ハミハミ。

犯人と布ぞうりです。

現行犯逮捕です。鼻緒付け替えよう。

子犬だからね。

そうそう、私のブログを見てくださってる方が、結構手作りごはんに興味持ってくださいまして。

ほんと、うれしいです。

手作りっていいこと、目白押しなんですけど、

なんかね。食べた後、「満足しました」

っていうんですよ。

どの子も。

ドライって食べた時の満足感少ないみたいで、

その後、1時間くらいしたら水分を含んでいきなり、お腹がいっぱいになるんです。って

なんか、不自然ですよね。いきなり、お腹いっぱいになるの。

私なら、不快感あるんだろうな~って。

だから、手作り派です。

では、中に何を入れているのか??

「本を買ったんですけど、難しくて。」

と、おっしゃる方が意外に多かった。

なので、こんな感じでいいんですよという内容を少々。

写真 2

この日は、かなり豪華な日です。

タンパク源は、背くろイワシと豚軟骨。

玄米(家がたまたま玄米ですが、もちろん白米でも可ですよ)、サツマイモ、スイカの白いところ、青梗菜、茄子、

トウモロコシのひげ、木綿豆腐、シメジ、ニンジン、キャベツ。

タンパク源は別にトッピングしますから、玄米~キャベツまでの材料をぞうすいのように、

一緒に煮るだけです。味付けをどうしてもしたいときは、海塩です。

ただ、魚で塩分が取れるので、私はあまり気にしていません。

最後に、ゴマを入れたり。オリーブオイル入れたり、きな粉入れたり。

します。

犬は雑食ですから、栄養バランスとか小さなことは気にしません。

「うわ~。おいしいです。」

と必ず言ってくれるはず。

偏食のある子は、肉だけ食べることもあるので、

フードプロセッサーを使います。

手作りあげると、ドライ食べなくなるのでは??

とも、言われますが、それは肉だけとか偏食させた場合で、

野菜も均等に食べさせたら、悔しいけど

「ドライの日はドライでいいよね~。」

と言われます。

さぁ、皆さんもレッツトライ!!

毛の手触りと艶が違うんですよ。

あと、排便排尿のにおい。これは絶対違うんですよ。

体臭も全然違います。

試してください~。わからなかったら、連絡ください~

いや~、多いですね

こんにちは、サトウです。

毎週火曜日のセンター訪問。

いつもは、月曜日に処分が一回行われるそうで、

火曜日はそんなに最終部屋に入っていなかったんですけど、

今回は、月曜日がお休みでしたから。

CIMG3777.jpg

何頭いたんだろう??

CIMG3779.jpg

その後も、「ピーピーピー。」って車がバックする音が聞こえると、

その車の中には、支所や捕獲されてきた子たちが移送されてきていて。

私たちが帰るころには、もっと増えてました。

その中から、一頭選定されて、譲渡用に回りました。

ただ、今センター内は本当にたくさんの犬が残されていて、

しかも、夏休みのお出かけシーズンは、こういったボランティア譲渡は譲渡数が減り、

旅行に出かけたりするから、犬を捨てる人が増えるから、

きっとこのシーズンも春のお引越しシーズンと同じくらい、多くなるようです。

サトウは、三度の飯より犬が好きな人間だから、

旅行に行くから犬を捨てる人の気持ちとか、どんなに考えたって、

どんなに議論したって絶対理解できないんですけど。

人間って、本当に勝手で残酷なんだな~って。

同行メンバーが

「前、こんなことがテレビでやってた。」



「子供が、猫を拾ってきたので、親が猫を飼うならお休みに旅行に行けない。猫を捨ててきたら、旅行に行けるよ。」

と言って、子供は旅行に行きたいから猫を捨てたと。

その時に親は何も教育しなかったそうです。

この子は、都合が悪いことがったらなんでも処分しちゃえばいいんだって学んだでしょうね。

一緒に里親さん探したら、この子はなんでも最後までやり遂げることを親から学べたのに。

しかも、子供の心にトラウマは絶対できますよ。

まぁ、旅行と命を比べちゃうくらいの親ですからね。

その親が、老人になったら、旅行に行きたい子供に施設に捨てられるのでしょうね。

カルマの法則ですよ。

自分の行いは、自分に返ってくるという。

まいた種は自分で刈る。

ほんと、昔の人はよく言ったもんですよね。

CIMG3952.jpg

カルナ、アネラさんの血族。今日も団子になってました。

4日目の多頭崩壊も、愛に飢えています。

CIMG3790.jpg

CIMG3814.jpg

センターレポート書いた後にブログやるとトゲトゲした感じになちゃいますね。

トトさんも、術後安静を言われてるんで、会いにいけないんですよ。

トトちゃんに会いたいな~。

ドックカフェ(カルナ編)

こんばんは、サトウです。

昨日のららぽーと前半部分は、アネラ編を見てください。

初ドックカフェ。

カルナさんは、シャイではないとサトウ思っています。

経験値が極端に少ないだけと。

だから、自分が知らない環境は意外に受け入れが早いんです。

とにかく、興味深々。

だから、アネラさんが抱っこと言っても

写真 1 (4)

こんな感じで、全然平気な時があります。

結構、マイペースなところあります。

写真 2 (2)

結構クールな感じにも思えるかもしれませんね

「カルナ。」

と声をかけると

写真 3 (1)

「なんですか??」

写真 4

「あ!!。」

気付いたみたいです。

写真 5

「私も、抱っこされたいです。」

写真 5 (2)

で、最後はこうなるんですが。

同じ感じに見えますが、二人は全然違う個性があります。

シャイで、甘えん坊なアネラさん。

経験値の低いこれから、いろいろ個性を引き出してあげられるカルナさん。

あなたは、どちら派ですか?

カルナさん、いぬ親さん募集中です。

ドックカフェ(アネラ編)

こんばんは、サトウです。

今日は、昨日のいぬ親会の帰りにゆきちゃんが、

「ららぽーと行きたい。」

というので、

「いいね~。あそこ、犬OKだよね。」

という流れで、行ってきました。

ペットショップには、純血の子犬を見ている人で混んでいましたが、

人込みを歩くいいチャンスということで。

堂々とペットショップにGOGO!!

アネラさんは、基本シャイなところがあるので、

尻尾が下がって、きょろきょろしていましたが、

サトウの動きをよく見てくれて、

しかも、かわいい~と言われまんざらでもない様子。

純血の販売コーナーでしたから、時折

「あれ、何犬??」

っておっしゃてた方もいました。

ここまでの流れ、写真なくてごめんなさい。

その後、ゆきちゃんが買い物に行くというので、

初ドックカフェのアネラさん。

写真 1

アネラさん向かって右側です。

いい顔してます。

写真 2 (1)

とっても、甘ったれなビビりさんなんで。

すぐに

写真 3 (1)

抱っこ、抱っこと甘えてきます。

抱っこするにはちょっと大きいような・・・。

「座って。」

というと、座ってくれますが、すぐに抱っこと・・・

なので、抱っこしてあげましたよ。

だって、初めてのドックカフェですもんね。

写真 5

満足した感じあります。

しばらく、抱っこしたので、

「アネラさん、ちょっと降りてみたら??。」

と聞いたら

写真 1 (1)

聞こえないふり。

なんかね~。こんなことされちゃうと、降せないですよね。

私、甘々なんですけど・・・。

結局、最後は

写真 2 (2)

こんな感じになって、通りかかる犬好きさんには、

「ねぇ、見て。あの2匹かわいいよ。」

っていわれる美人姉妹です。

毛が生えそろったら、本当に美人な犬になるんだろうな~。

とおもっています。

今は、アネラさんWOWOWで放送中の

「タイタニック」

に夢中です。テレビを楽しめるアネラさん。

犬親さん募集中です

篠崎定例いぬ親会

こんばんは、サトウです。

今日は、いぬ親会でした。意外にいぬ親会って私クタクタになるくらい疲れます。

だから、ウトウトしちゃったら、こんな時間に。

3時45分。でも、

「あ!!明日のみんなのご飯がない!!」

ってことで、ご飯を煮ている間に、ブログ更新となりました。

友人Oさんが無農薬野菜のニンジンをジュースにした絞った残りのニンジンを

冷凍してくださっていて、たくさんくださいましたが!!

もうじき、なくなります。

「Oさ~ん。多いかもって心配してくださってましたが、この速さで、カルナ、アネラさんの体に吸収されてますよ~。」

ご心配なく。センターの子にと手作りおやつも頂きました。

友人Yさんも、遅くなりましたが、カルナさんがハーネスをも噛みきっていた一か月前、

以前飼っていたプレちゃんの、形見のハーネスをたくさんくださいました。

すでに一本きりましたが、二本目からは切らずに大切に使わせていただいています。

しかも、

「よっちゃん(サトウ)のお家に遊びに行く時の手土産何がいい??」

って言ってくださるので、

「肉で!!」

とリクエストさせていただきまして、たくさんお肉ありがとうございます。

皆さんからの、ご支援があってとても、サトウ助かっています。

で、

本日の本題としましては、結果は二人にご縁はなかったんですが、

興味を持ってくださった方が、結構いらっしゃったということで、

大満足です。意外に顔黒さんって人気なんですね。

写真 3 (3)

今回は、昨日口酸っぱくお話ししたんで、

寝ずに頑張ってくれました。最後の30分くらいカルナさんはウトウト・・・。

まぁ、子犬だから仕方ない・・・。

カルナさんは家では、子犬ということで。

まぁ、きっと1歳いってるか?いってないか?って感じだと思ってるんで。

で、

写真 1 (3)-1

写真 2 (4)

カルナさんによく似た、ちばわんの卒犬さんが会いに来てくださいました。

20キロになったカルナさん。って感じ。

落ち着いたいい男です。暑い中ありがとうございました。

その後、なんとうちの卒犬「スマート」現在は「リオ君」会いに来てくれました。

写真 1 (2)

「どうも、みなさん、お久ぶりです。スマート改めリオです」

写真 3 (1)

写真 2 (1)

写真 4 (1)

お散歩も毎日してくださってるので、

体型もセンターを出てきた時より、バランスが良くなって。

当時は

「あれ??スマート顔でかい??」

なんて感じだったんですが、今日は大きく感じませんでした。

まぁ~、相変わらず立居振舞がスマートでした。

「サトウさん~。」

って尻尾ふりふりあいさつしてきてくれたんですが、

必ずいぬ親さん(Tさん)を振り返り

「ただのあいさつですから。Tさん、心配しないでくださいね。」

ってちゃんと言うんです。

しかも、帰りも一切こちらを振り向かず。

いい男です。振り向かれたら、私も気になるし、Tさんも気になるじゃないですか。

それが、Tさんが

「そろそろ、帰りますね。」

っていたら

「では。」

って、帰っていくんです。

私からしたら、大事にされているな~って感じるし、

Tさんからしたら、もううちの子なんだなって安心するじゃないですか?

最高の犬ですよね。ほんと、捨てた人バカですよね。

実は、センターに初めて訪問した時に、ひとめぼれしたんですよ。

リオ君には。

なんで、こんないい子がまだ、引き出されてないのか?って思ったくらい

トレーナー心を引きつけた子でした。

幸せになって、一人の方と絆ができる(ママっこです)と顔も変わるんですね~。

こういう経験ができるのは、預かりさんならではなんでしょうね。

まぁ、今センターにいる子はみんないい子ですが。

サトウは、センターに入ったのが古い順か、緊急順にしてるので・・・。

センターに毎週行かせていただくと、好みって言ってられないですよね。

だって、みんな見つめてくるんですよ。

「そろそろ、ここから出してくれますか?」

って。もちろん、個体差はあります。

まだ、センターにもう少しいてもなんとかやってくれそうな子。

もう、限界来てるな~。って子が。

その子たちを、選んで出してあげられないのが、歯がゆいですよね。

シェルターほしいな~。

家にいる(現在入院中のトトさんもセンター生活の限界来てました。)

約9か月センターに居ましたから・・・。

今日は、久しぶりに会えたんですよ。(いつもは、興奮させてはいけないから、外から覗いてました)

写真 1 (1)

写真 2 (2)

写真 3 (2)

思いのほか、状態が良くなかったので、

最低9か月(センターに収容されてから)は脱臼したままだったんで、

「そんな前例ないから、何とも言えないけど。2か月は入院になりますね~。」

ってかわいそうなトトさん。

ちょっと、痩せてました。でも、いいんだ。帰ってきたら、いっぱい、いっぱいいいことあるから。

人生捨てたもんじゃないって思ってもらえるように、頑張るサトウ。

サトウ、やればできる子なんです。

では、ご飯もできましたから。寝ます。

明日(今日は仕事なんで・・・・)

映画鑑賞

こんばんは、サトウです。

今日は、ゆきちゃんがこんなDVDを買ってきたので、

みんなで鑑賞しました。

写真 (20)

カルナさん、アネラさんもソファーで一緒に鑑賞しました。

カルナさん、アネラさんの居た千葉の愛護センターも撮影に協力されていました。

センターの映像になると、アネラさんが

「ヴ~。」

って唸ります。真剣に鑑賞していました

写真 3 (10)

カルナさんは途中少し飽きてくるんですけど。

写真 3 (9)

アネラさんは、やや興奮気味にみていました

違う映像に変わると興味ないようですが、センターの映像になると夢中です。

なんとなく、感じ取るんでしょうね。

私の感情も含めて。

写真 1 (12)

カルナさんは

「アネラさんが、緊張してるからどうしよう。」

って表情でした。

水曜日にカルナ、アネラさんに会いに来てくださった方がいました。

センターの子にとお土産いただきました。

来週もって行きたいと思います。

当然のことながら、みんなおやつ楽しみにしているんですよね。

写真 (19)

明日は、手術してトトさん一週間になります。

会いに行ってきます。もしかしたら、まだ安静にって言われて会えないかもしれませんが・・・。

会いたいな~。

でも、

「帰りましょう。」

とあの澄んだ目で言われちゃうと、

「まだ、入院なんだよ。」

っていうのが心苦しいです。

捨てる人、増やす人

こんばんは、サトウです。

先週の水曜日と金曜日にトトさん手術しました。

写真 2 (5)


手術は成功です。ただ、長い間放置されていた腕ですから、

どこまで回復するのか?は、トトさんの回復力にかかっているそうです。

とても、悔しいです。

トトさんを捨てた人がいなかったら、トトさんを大事に飼ってくださっていたら、

トトさんは、放浪して脱臼することはなかった。

センターに収容されて、ちばわんの方のお話では、初めは足をつかなかったそうで、

痛かっただろうに・・・。

しかも、ようやくその足が脱臼したままの形で生きていこうと決めたのに、

手術されて、また痛い思いをしています。

人間なら、良くなるための手術だと理解できますが、

トトさんにはその理解は難しいです。

しかも、フィラリアプラスの体で、3日間も麻酔をかけられて、

そのことを考えると悔しくて涙が出てきます。

どうか、一度家族として迎えた犬を捨てないでください。

どうしても飼えないのならば、新しい飼い主さんを探してください。

写真 3 (4)

こんなにかわいい顔をしている子ですから、苦しめないでください。

沢山の子が、今もなお人間の勝手で苦しんでいます。

人間は優れた存在です。どうか、弱い存在を苦しめないでください。

また、人間は将来を予測できる生き物です。

どうか、無計画に犬を増やさないでください。

我が家には、40頭以上の多頭飼い崩壊の子が2匹来ています。

人に触られることも、愛されることも知らずに生きてきました。

しかも、その子達は隣の部屋で同胞が殺処分されていくのを感じていました。

酷すぎませんか?あなたの兄弟が隣の部屋で、窒息死させられる状況。

耐えられますか?

それでも、人を信じてもらわなければなりません。

自分のエゴで、犬を増やさないでください。

写真 4 (4)

千葉県は日本で殺処分数3位です。






お散歩

こんばんは、サトウです

今日は、行田公園をお散歩しました

すると、ちばわん卒犬の「ふくちゃん」に会いました

いぬ親さんは、私のブログを見ていてくださり、

応援してくださっていました。

特に、アネラのあの事件にとても心を痛めてくださり、

f0078320_21134067.jpg
f0078320_2113524.jpg
写真 (1)


涙してくださいました。

アネラ、カルナさんは、泣いているいぬ親さんに

「大丈夫ですか?」

と言わんばかりに、近づき顔を舐める勢いでした。

アネラ、カルナさんの優しい一面を見ました。

沢山、お話させていただきました。

その間、ふくちゃんは大人しく待っていてくれて。

アネラ、カルナさんも、最後には伏せて待ってくれました。

頻繁に行田公園に行くわけではないので、お会いするのは必然だったのでしょうね。

またお会いできたらいいですね~。

一生懸命、ふくちゃんのことを考えてくださっていました。

写真も撮る間もなく、話し込んでしまったので・・・。

次回はふくちゃん撮ってきます。

トトさんが手術で、二人で力を合わせてって感じで、二人仲良しです。

遊べるようになってきましたよ。

なんか??下手???だけど・・・

写真 3 (6)

写真 4 (5)

ものすごい、鼻かまれてるけど、なんか、カルナさん嬉しそうだから・・・まぁ、いっか。

二匹で飼ってくれないかな~。って思いはまだ、捨てきれず。

もし、二匹で飼ったら

写真 5 (3)

こんなことできますよ~

写真 2 (8)

こんな感じで、家族で笑えますよ~。

まぁ、難しいか・・・。いきなり二匹。

でも、もし二匹で!!って言われてもいいように、いろいろ教えてます。

二匹だけど一匹くらいの労力で二匹飼えたら・・・二匹いっちゃう??なんてことあるかも。

まだ、あきらめないのかよ・・・

もちろん、一匹でもお申込みください。

お二人の新しい家族絶賛募集中です。

まずは、一般の家庭犬にすでに近づきつつあるアネラさん。

保護犬の醍醐味を味わいたい方カルナさん。(カルナさんは募集いただいてはいどうぞとはいきませんが・・・。もう少しサトウの家で預からせてください。)

病院

こんにちは、サトウです。

今日は昨日手術をしたトトさんに会いに行ってきました。

写真 3 (4)

本人は、いつものように明るくて、救われます。

これがトトの最高のところです。

写真 2 (5)

ただ、明日も再手術です。どうやら、放置された時間が長すぎて脚がズレタまま生きていこうと

頑張った結果なかなか、元の位置に戻らないようです。

ただ、再手術してくださるということは、見込みがあるんだと理解して、

先生にお願いしてきました。帰れると思ったトトさんは結構動いてしましたので、

術後本当は、会いたいけど。。。

泣く泣く我慢します。1週間。我慢します。面会諦めます。

カルナさんは、不妊手術の時に白血球の数値が高かったので、再検査しました

写真 1 (4)

いい子にしてました。

出がけに、

「カルナちゃん、今日は病院で注射打ってもらうから、首か腕か、後ろ脚ちっくんするよ。」

って伝えて連れていったから、観念してました。

待合室では、横になってうなだれてましてけど・・・。

先生が

「あれ??サトウさん。また、新しい子出してきたんですか?」

「え??カルナのことですか?」

「いえ、この子。」

「先生。それ、アネラです。こちらでお世話になった。」

「え~!!こんなに人懐っこい子になったんだ。いいお家に行ったね。
そうだそうだ、下半身毛が薄いもんね。アネラちゃんだ。」

っていっていただきました。いろいろやった甲斐があります。

写真 1

こんなだったけど。

写真 (2)

こんなになってるから。

先生も見間違えますね。

うれしい勘違いでした。

写真 1 (6)

「私は、どこも悪くないのに病院に一緒に連れていかれて疲れた。」

という感じで、鼻水垂らしながら寝てます

写真 2 (7)

いい性格してるよね。自分が一緒に行くっていったのに・・。

そんなアネラさん、カルナさん。いぬ親さん募集中です。

センター訪問

こんにちは、サトウです。

日曜日の夜からずっと調子が悪くて、

ついに昨日のセンター訪問途中から高熱が出ました。

相変わらず、センターにはたくさんの犬がいて、

子犬も産まれてたりして。

最終部屋には4匹いました。今は場所がないから選定されないかもしれませんね。

CIMG2743.jpg

CIMG2745.jpg



さらに相変わらず、カルナ、アネラさんの血族はわちゃわちゃしてました。

CIMG3110.jpg

早く、家庭の暖かさを教えてあげたいですね。

CIMG3116.jpg

こんな、笑顔を・・・。カルナさんは片方のお耳がたち耳になってきました。

CIMG3117.jpg

アネラさんは、おひざに抱っこが大好きです。

先日、ふたりの座布団カバーと、リードつくりました

CIMG2734.jpg

ざざ~ん!!

どうですか?ピンクでかわいいでしょう??

CIMG2737.jpg

愛情が伝わったのか??すぐに使い始めてくれました

CIMG2736.jpg


CIMG2739.jpg

カルナさんは、いろいろなものをケージに集めます。

アネラさんはそういうことしないんです。対照的なお部屋ですよね。

CIMG2283.jpg

カルナさんが、リードをかみ切ってきたので(最近はほとんどやらなくなってきましたが・・・。)

引きが強くないアネラさん用につくりました。

なかなかの出来です。

カルナさん、アネラさんの同胞もいますよ。

ぷっちちゃん詳しくは→こちら

みんな家庭犬になるために一歩一歩進んで行ってます。
06 | 2014/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

佐藤

Author:佐藤
はじめまして。
19年前なにも知らなかった私は、ブリーダーからコッカースパニエルのルディーを買いました。そして、こんなに大事にルディーはされているのに、殺されている犬がいることを知りました。ブリーダー放棄犬のイデルが家族になりました。そして、二人を天国に送って保護犬の預かりを始めました。現在は、宝と安とトトと旦那一人。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR