レアちゃんのメッセージ

昨日は、レアちゃんが亡くなり気が動転している中のブログで、皆様にご心配おかけいたしました。

申し訳ありません。

気持ちが落ち着きましたので、新たに書かせていただきます。

火曜日は久しぶりにセンターに行ってきました。

レアちゃんと同じ多頭崩壊の子達が先週のレポート以外にもたくさんいました。

容態が急変したレアちゃんのことを思うとセンターの方もこの子たちを気にかけていらっしゃいました。



3匹。

みんなかなり状態が悪かったです。



レアちゃんと同じ子犬です。まだ7ヶ月くらいの月齢ですが、一体生まれていつからこの状態なのでしょうか?



こんな状態の中、訪問中に出産しました。





子犬は計3匹産まれました。
しかし、体の状態が悪すぎるお母さんは本来授乳すべきなのですが、一滴のお乳も出ませんでした。

これでは、乳飲児の命も危ないといことで、ミミちゃんのお預かりさんが授乳を引き受けてくださいました。

センターの方、福代表とお話をさせていただいて、とりあえず我が家で治療をしながらお預かりさんを探すことになりました。



子犬は計3匹です。

すでにお申し出いただきまして、この中から2匹は近々、お預かり先が異動になります。



男の子です。



女の子です



女の子(お母さんです)



先週のレポートにレアちゃんが載りたくさんの方気にかけていただきました。

私もその1人です。今回の訪問で治療のためお預かりする予定でした。

でも、月曜日に倒れ火曜日の夜に息を引き取りました。

短い犬生でしたが、たくさんの仲間を救ったと思います。レアちゃんのことがなければ、こんなにたくさんのこの治療には入れなかったと思います。

多頭崩壊。避妊去勢をせずに飼い続けることの悪。を教えてくれた子だと思います。

まぐれにも、お母さん犬が最後3匹目の子を産んだと同じくらいに息を引き取りました。

もしかしたら、最後産まれた子はレアちゃんが生まれ変わったにかも??と思わせられるタイミングでした。

これから、みんな治療をしていきます。
応援よろしくお願いします。

本日、白い子が移動になります。

みなさんレアちゃんを気にかけて、お声をかけてくださいましてありがとうございました。

力及ばずで、快方に向かって治療ができませんでした。

応援してくださった方々本当にありがとうございます。

これからも、また応援よろしくお願いします。



本日、火葬に行ってご供養して参ります。

緊急お預かり

明日は久しぶりにセンターに行こうと思って、緊張していたら、

緊急でお電話いただきました。

気になっていたあの子が調子を崩したということで



明日、ご近所さんの預かりさんが今お預かりしている子のお届けの後に預かりろうと思うという話だったので、だったら早めに治療したほうがいいですね。なんて流れで我が家にショートステイする予定でした。



まだ、子犬のレアさん(仮名)

迎えに行くと、冷たくなっていました。
センターの方も毛布をかけて暖かい部屋に入れてくれていました。
えっ??間に合わなかったか?と思った時

「クゥーン」

と声を出してくれました。でも、虫の息です。

早速、車に積んで病院に向かいました。

センターの方もとても心配していらっしゃいました。

この多頭崩壊の子は、収容間もなく写真に載るまえに2匹息を引き取っているそうで。

生きて病院着くだろうか?すでに、脱糞もしていましたし、

友人が名前を呼び続けるとあの世に行きづらいと教えてくれたので。

必死に車の中で声をかけました。

「レアちゃん、世の中美味しいものたくさんあるんだよ。」

「うちにいる、おねぇちゃん、お兄ちゃんと屋上を思いっきり走ろうよ。」

「あなたのことが可愛くて、愛しくて仕方ない人たちがたくさんいるんだよ。」

「運転してなかったら、抱きしめてあげたいよ。レアちゃん。」

とか、

1時間で病院に着きました。

虫の息は変わらず、しかも、

「クォ~ん」

と鳴く声と脱糞。

ルディの最期の時のように・・・。

呼吸もピック、ピックと・・・

「嘘でしょ??まだ、楽しいことが何も知らない子犬なのに。今まで、センターから病院まで間に合った子は生き延びたのに・・・。」

先生も慌ただしく処置してくださいました。

待合室で待っていると30分くらいして

呼ばれました。

「息が止まりまして。」

先生は、一生懸命心臓マッサージしてくれていました。

「まだ、楽しいこといっぱいあるんだよ。あなたが帰る家はあるんだよ。」

すると、呼吸し始めました。



自発呼吸が弱いので、人工呼吸器をつけていますが



なんとか、現在呼吸をしています。
きょう、明日が山場だそうです。

先生曰く、

「もし同じように、毛が抜けるなどの症状が出てる子がいたら、早めに連れてきてくださいね。」

と。

元気になったら、受け入れいいですよって方がいたら、気楽に預かれます。

病院は通いますから。

いいよ。って方いませんか?





人馴れはしているようですよ。
この子は目の処置も急ぎたいところですよね。



この子も、同じ多頭崩壊の子が2匹亡くなってるということを考えると出したいところです。

レアちゃんはまだ、この世に出て6ヶ月でこんな辛い経験をしなくてはいけなくなりました。

避妊去勢さえしてくれたら、こんなことにはならなかった。

お願いだから、してください。

産ませないでください。

引き続き、応援お願いいたします。


04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

佐藤

Author:佐藤
はじめまして。
19年前なにも知らなかった私は、ブリーダーからコッカースパニエルのルディーを買いました。そして、こんなに大事にルディーはされているのに、殺されている犬がいることを知りました。ブリーダー放棄犬のイデルが家族になりました。そして、二人を天国に送って保護犬の預かりを始めました。現在は、宝と安とトトと旦那一人。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR