スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のナルさん

我が家にやってきて、1年半くらい経つだろうか?

ナルさん。

一年半ということは、人間でいう6年歳をとったってことで、人間にとっては去年のことだけど、ナルさんにとっては6年前ってことで、おしっこもちょっと我慢できる時間が短くなっています。

5時間以上お留守番になると、オムツがパンパンで、身動きが取れなくなるそうで、



「朝は苦手なりよ。」

だから、ちょっとお留守番が長くなる時は仮母と一緒。



「日差しが気持ちよくて、ウトウトするなり。」

出先の友人にも、ナルさんは一緒なんですが、いいですか?って許可をもらって。

洋服ポストの日も一緒。

でも、この日は荷物がたくさん行き来するから危ないのでクレートイン。

人の気配がある限り、吠える。



「そんな、うるさいやついるなりか?」

お前だよ。

チャリティ市で販売して、歳末の支援金(犬、猫も大変ですが、シリアなどでは人間の子供もいろいろ大変なようです。だから、寄付する金額を増やす為の)手作り品を作るときも一緒







この雪だるまが欲しくて吠える。

ダックスだなぁ~って、友人にも言われる。

よく吠えて、よく食べて、よく寝て、よく出して。

なんか、仮宿を楽しんでくれているようです。



でも、本当はひとりっこが希望なんだろうな。

どうぞよろしくお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

ナルさんの脂漏性皮膚炎

今年の5月から脂漏性皮膚炎になってしまったナルちゃん。

もともと、ワクチンを打つとアナフェラキシーショック起こしてしまう体質なので、アレルギー体質なことは間違いないようです。

で、世の中結構、脂漏性皮膚炎で苦しんでるワンコさん達がいるというので我が家でやってることを紹介しようかと。

現在はほとんど痒みもなくフケも減ってきてるから、いい傾向なのだと思うので。

途中経過ですけど。

こんな感じでケアして快方に向かってます。

ご飯は完全手作りですが、動物性のタンパク質(鳥、豚、牛、ラム、馬)をやめました。摂取するとしたら、お魚。それも微量です。
基本的には、大豆メインです。
「脂は油でしか流せない。」と友人が教えてくれたので、脂っぽくベタベタしている皮膚のために、ヘンプオイル、オリーブオイル、ココナッツオイルを少量あげるようにしました。

また、ホリスティック治療もします(現代医療では、抗生剤か、ステロイド治療しかないそうです。)それでは症状を一時的に抑えるだけで治療にはなっていませんから。

ホメオパシー治療してくださる動物病院増えてきましたしね。

まずは、ホメオパシーのソウファーを。

その後はグラファイト。

ホモトキシコロジーのトラウメールは朝晩です。



「いい子にしてるなりよ。」

食事と、ホメオパシーによってベトベトだった脂漏性皮膚炎が乾燥性の皮膚炎に変わりまして

脂漏性の時は粘土シャンプーです。(モンモリロナイトが汚れを吸着しますから。



でも、乾燥性の皮膚炎になりましたら、モンモリロナイトでは少々役不足な感じがしましたから、

こちらを取り寄せました。



また、マラセチア菌が繁殖しないように、2日置きもしくは、1日置きにヒバ湯に入れます。



いい匂いが初めは持続しましたが、ホメオパシーの排毒や、食べ物での体質改善によって1日と匂いが持続しない時もあります。



「お風呂で洗ってくれるのはいつも仮父なりよ。」



「おお~。そこそこ気持ちいいなりよ。」

その後は仮母に乾かされます。

でも、ドライヤーもすごくいい子にさせてくれますし、乾くのが早いので楽チンです。

こんな感じで取り組んでいます。

まだまだ、ハゲてるところに毛が生えてきてないのでちょっと見すぼらしいですが、痒がらないだけ見てる方も、本人も楽なんじゃないかと思います。

ご興味のある方は是非、トライしてみてください。


ぜーんぶぼくのなり

先日、ナルちゃんにご支援いただきましたピープーもう、鳴らなくなったので置きっぱなしにしていたら



「いいもの見つけたですもん。」

最近、2階にも頻繁にやってくるホイホイさん。わざわざ2階から運んできたようです。



「ここに置いて、一緒に寝るですもんね。」

お気に入りのカドラーに



「取っちゃダメですもんね。」

朝まで一緒に寝ていました。

朝は、



「それは、ぼくのなりよ‼️」

鳴らなかったから興味を失っていたくせに、ホイホイさんが楽しそうに持ち歩いてると



追いかけ回す。

もう一つ頂いたピープーをあげても、どちらも


「ぼくのなりよ。」

でも、ホイホイさんが興味をなくすとナルちゃんも興味をなくす。

結局、取り合いっこをしたいだけ。

まぁ、そういう遊びだと思ってほっといてます。

喧嘩することはないから。

まぁ、トラブルにならないように見張ってますけど。

心が狭いんだか、広いんだかわからないナルちゃん。

それを、見守る我が家の預かり犬と先住犬。

応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

預かりナル

我が家にやってきてもう、一年のナルさん。

辛い境遇から抜け出して。

今は我が家の3匹目の猫として暮らしているようです。



「犬とは別に考えて欲しいなり。」

いつまででも、本当のお家に巡り会うまでいてくれて構わないのだが。

「ナルさん。預かりですよ。」

と声をかけてみたら



振り向きざまに

「何言ってるなりか?このうちの子なり。」

なんとも言えない表情で、こちらを見てきました。

可愛すぎる。

手がかかる子ほど可愛い。

まぁ、我が家の預かりナルさんですが、のーんびり。

猫として暮らしているみたいです。

よろしくお願いいたします。

トライアル中のダンくん



本日は抱っこで、ねんねです。

たくさん、愛情と時間をかけていただけています。

ありがとうございます。

けんちゃん緊急入院

本日、けんちゃん緊急入院しました。

また、胃拡張になってしまいました。

午後一番に病院行ったんですが、そこで帰宅が許されたんですが、帰って来たらまたガスが溜まりまして、手足が冷たくなってきて急いで高速飛ばして再度病院に行っていました。

大事をとって、胃捻転になったら緊急手術になってしまうので、このまま入院になりました。

「置いていかないでほしいなり。」

と見つめてきた、けんちゃんの顔が忘れられません。

けんちゃんは、5月から我が家の預かりっ子になりました。



東京でボランティアをやっていた時の友人に頼まれて預かりました。

正直、半身不随でおしっこを絞ったりする子を私の力量で預かれるのだろうか?

躊躇していた時、彼の今まで経緯を聞きました。

ヘルニアになってもすぐに病院連れていってもらえない環境で、感覚のなくなった足を確認するために自分の爪を噛み切ってしまったり、おチンチンが腐って落ちてしまった話など。

台車に括りつけられて、おしっこも絞ってもらえずに、膀胱炎になってしまった話。

どの話も心痛む内容でした。



うちでよければ。くらいな気持ちで預からせてもらうことにしました。

とにかく、明るくて前向きな性格だから。

と言われていました。

一緒に生活し始めて、気づきました。

明るく元気に振舞っている姿を周りが望んでいるからそうしていたのだと。

本当は、とーっても繊細でとーってもデリケート、そして頭のいい子です。

とにかく、今までの分を取り返すかのように人の存在を求めている子でした。

比べるものではありませんが、もしかしたら我が家の預かり犬の中で一番過酷な犬生送ってきたのではないか?と



時折見せる悲しげな顔。

一緒に暮らしているうちにけんちゃん虜のなっています。

胃拡張は事故みたいなものでなかなか防げないんだそうです。

特にけんちゃんはそういう体質。

胃が大きくなりやすい子なんだそうです。

ちょっとした環境の変化で起きてしまうことなのだそうです。

でも、きっと一人っ子で沢山沢山愛して構ってもらえるお家に行ったら起きないんじゃないか。と思います。

今すぐには、無理だけどいつかきっとそんなお家を探してあげられたらと思いました。

けんちゃんのいない我が家は、とーっても静かで寂しいです。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

佐藤

Author:佐藤
はじめまして。
19年前なにも知らなかった私は、ブリーダーからコッカースパニエルのルディーを買いました。そして、こんなに大事にルディーはされているのに、殺されている犬がいることを知りました。ブリーダー放棄犬のイデルが家族になりました。そして、二人を天国に送って保護犬の預かりを始めました。現在は、宝と安とトトと旦那一人。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。