ホームセンター

こんばんは、サトウです。

今日は、ホームセンターです。

なぜかというと、カルナさんが3本リードをかみ切ったからです。

なんか、ストレスを感じたり、退屈だったり、するとリードを噛みます。

しかも、かなり上手なんです。

だから、ホームセンターに買いに行きました。

CIMG1770.jpg

結構、パニックになるかと思いましたが、意外に余裕。

CIMG1772.jpg

すごいスピードで曲がったわけでもないのに、なぜか?遠心力に負けた感じで、トトに寄りかかる。

耐えるトト。

CIMG1778.jpg

さらに、寄りかかる。

耐えるトト。

CIMG1773.jpg

マイペース。意外に、カルナ、ホームセンターを満喫。

耐えるトト。

CIMG1780.jpg

ようやく、何とか。

その前に、4.5日目(センターレポート参照)の得意技。

人の下にもぐる技。を使い、トトさん宙に後ろ足が浮きました。

要は、お腹の下をくぐって反対側の商品を眺めていたわけです。

心なしか、帰りの車の中でトトさん疲れてました。

女の人のショッピングに付き合わされる男の人って感じです。

CIMG1814.jpg

友人のO様にペットシーツのご寄附いただきました。

カルナさん、ペットシーツ派と、ビビりうん派なんで、とても助かります。

ありがとうございます。


お散歩

こんばんは、サトウです

今日は、トトさんとカルナさんのお散歩に・・。

カルナさんがちょっと、私に執着が出てきたので。

私を、追うようになってきたので、

私以外の人と一緒にお散歩しても、安心なんだよ。

どんなことがあっても、最後は私と会えるんだよということを教えるために。

友人が、協力をかってでてくれました。

トトさんも、この先のことを考えて。



なかなか、いい感じに私以外の人ともお散歩できてます。

まだ、カルナさんはリードと、ハーネスが苦手です。

かみ切ろうとすることは、ありますが、

「カルナさん、ダメだよ。やめて。」

と伝えると、我に返ります。

こんな感じで、歩いていたら向こうから犬の団体がきました。

トトさんは、問題なくご挨拶できます。

カルナさん、緊張します。(人間のほうがどんな、動きをするのか?予想外なことすることもありますから・・・。)

CIMG1792.jpg

思ったより上手です。

犬のほうがやっぱり、得意なんですね。

CIMG1803.jpg

自分より、小さい子でもすごい上手ってわけじゃないですけど・・・。

CIMG1801.jpg

お尻も嗅がせてもらいました。

CIMG1796.jpg

さすがトトさん。お尻をかがれても、ほかの犬に興味があったら気にしない。

まだまだ、だけどいろいろ挑戦していこうね。

お二人さん。






初めてのお散歩

こんばんは、サトウです。

今日は、なんとなくカルナさんをお散歩に出してみたくなったから

お散歩してみました。

トトさんの最高のサポートもあり、

サトウの予想をいい意味で裏切り

思っていたより、いい感じでお散歩できました。

写真 1 (1)

写真うまく撮れなかったんで、先を歩いてもらいました。

なかなか、でしょう?

写真 2

夜だったんで、目が光っちゃって、怖くなっちゃったけど

臭いをかいだり、トトさんにいろいろ教わりましたよ。

ビクビクしてる割には、しっかり歩けてて、

やっぱり、体は大きくなっちゃったけど、経験値は子犬級なんだと、

改めて、痛感しました。

CIMG0980.jpg

座ってごはんも食べられるようになりました。

当たり前のことだけど、今までビクビクして周りを警戒しながら、

伏せながら食べてましたから、大きな進歩です。

私に少し信頼を置き始めてくれているようです。

これからが楽しみです。

友人が、私の誕生日のプレゼントもかねて、おやつくれました。

「センターの子に。」

って。最高のプレゼントです。

CIMG0981.jpg


Sくん、ありがとうね~。

明日もって、あげてくるね~。

カルナさんの今日

こんばんは、サトウです。

本日も、カルナさん、トトさん絶好調です。

まずはカルナさん、抱っこの練習その1

「抱っこさせてくださいね。何にも怖くないからね~。」

CIMG0698.jpg

カチカチです。

昼間なんで、私一人でセルフ撮り

CIMG0702.jpg

くねくねして、だんだんと緊張ではぁはぁ言い始めました。

CIMG0697.jpg

サトウも口開いてますね。

昔から、集中して真面目に物事やりだすと、口が半開きになるんですよね~

そのうち

CIMG0708.jpg

余裕が出てきたのか、カメラに興味が出てきました。

CIMG0710.jpg

フンフン言ってました。

CIMG0706.jpg

歯もきれいですよね。これは、不妊手術の時に歯石取ってもらったんだけど、

それにしても、歯のエナメル質が真っ白だから、若いかもね~

CIMG0714.jpg

ゆっくり、マッサージしてあげたら、最後は

CIMG0715.jpg

まんざらでも、なさそうでした。

今日は、大きな決断を迫られました。

なんて、大げさですが。。。でも、私にとっては大事です。

私は、叔母の介護もしてるんですが、夕方叔母のところに行くのに、トトさんを連れていって、

宝さんと安さんと、カルナさんでお留守番をさせいてみようか?

どうしようか?ということ。

犬がいなくなったら、遠吠えするかな?

そりゃ困るし、とかひとりごと。

で、サトウ決断をくだしました!!

連れていきました。

写真 1 (1)

「ぼく、カルナさん来てからお留守番多くなってたんですよね~。」

「行きますか?」

「ハーネスと首輪してください。」

写真 2

張り切って、玄関へ。

写真 4

「車はいいよね~。」

車に自分で乗れるようになりました。

いい子で、待ってくれて、帰宅してきました。

帰ってくるなり、カルナさんに話しかけ、

抱っこその2

本日二回目だから、少し余裕かな?と思ったんですが、

カルナさん、そう甘くはなかった

CIMG0719.jpg

また、固い。

しかも

CIMG0720.jpg

脚長いし、身体やわらかい。

アルマジロみたい。

ゆきちゃん撮影。

でも、またマッサージ

CIMG0723.jpg

だんだん、ほどけてきた。

CIMG0725.jpg

最後は余裕。

サトウも、携帯いじる余裕が出ました。

そういえば、どうやら遠吠えしてなかったようで

サトウもトトさんもいないから、

うんち、おしっこしてしてたそうです。

ゆきちゃんが、帰ってきたら

「う~、ワン。」

って訴えたそうです。

「トイレを片づけてって。」

ぺっとシーツを取り換えてあげたら、また、おとなしく寝始めたそうです。

そういえば、今朝も

「わぉー。」

って遠吠えみたいのしたから、

「始まっちゃったかな?。」

って思って

「カルナどうした?。」

って聞いたら

「きれいにしてください。」

って言われたっけ・・・。

きれいにしたら、ため息つかれて眠りについてた。

きれい好きだったカルナさん。

忘れてました。

日付変わって、今日はセンターに行く日です。

4.5日目、安泰だといいな~

サトウの家にはもう余裕がないから、何かあったら引き出してあげられないから・・・。

毎週火曜日のセンター訪問。

今日は、クッキー焼いてみました

CIMG0726.jpg

トトさん、カルナさん、宝さんには大好評だったけど、

みんな、食べてくれるかな?

どうかな~。楽しみだな

カルナさんにしたこと

こんばんは、サトウです。

6月3日の日にカルナさんをセンターからちばわんの保護犬として引出し、

そのまま、友人宅にお届けしました。

そこでも、大暴れのカルナさん。

友人の旦那と、私、一撃を受けました。

しばらく、カルナさんが正気に戻るのを待って、ゆっくり手の甲で鼻先を触ったら、

一瞬、目を細めました。

サトウも友人も、その瞬間を見逃しませんでした。

こりゃぁ、口輪でいける・・・と。

CIMG0613.jpg

口輪つけるのにちょっと苦労しましたが、口輪してあげたら落ち着いたんです。

口輪は、虐待だとか強引だとかおっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、

もともとが、従順な子にはこの上ない安心感をあたえます。

母犬が子犬にやる行動に近いのです。マズルを包み込んであげる。

これは、ある意味優しさです。

これを教えてくれたのは、友人の今は亡きプレマちゃんと家のイデルでした。

010.jpg

074.jpg

二人はシャイだったので、自ら私達の洋服の袖にマズルを入れてきたくらいです。

それで、落ち着いて寝るという経験をしていたので、迷わず口輪をしてあげました。

その日の夜から遠吠えを始めたそうで、友人はトレーナーでもないので、

夜通し、だんだんと体を触りながら、カルナと名前を呼びながら、話続けてくれたそうです。

そうすると、次の日には、カルナさんの名前でアイコンタクトできるようになっていたそうです。

その話を聞いて、カルナさんの吸収力の早さにも、驚きました。

だって、前日、人が怖くて大暴れした子がですよ・・・。

次の日、友人宅にトトさんを連れていきました。

性格のマッチングのために。あまりにも相性が悪ければ、別室でトトさんに待っていてもらうつもりでした。

しかし、カルナさんはトトさんを見た瞬間

「あ!!。」

って感じで受け入れたんです。もちろんトトさんも適度な距離を保ちました。

その日の夜も、遠吠えは続きましたが友人夫婦が交代で、自らもケージの中に身体を入れ、

できるだけカルナさんに近づき、触りながら話しかけてくれたそうです。

そのうち、遠吠えをしそうになったときに

「カルナ、ノー」

と言えばやめるようになりましたが、よくよく友人と考えた結果、

人馴れした先住犬のいる家で過ごしたほうが、カルナさんにとって幸せなんじゃないか?

ということで、我が家にやってきました。

やはり、トトさんの動きをかなり、観察していました。

わざと、カルナさんのケージの前でトトさんにおやつをあげ、

その次にカルナさんにあげました。

初めは、全然食べられなかったけど、徐々に私の手から食べてくれるようになりました。

夜はケージの横に添い寝です。

手だけケージの中に入れて。

で、翌朝

「おはよう、カルナさん。」

というと、手をぺろっと舐めてくれました。

友人も私も、特別なことは何もしていません。

ただ、話しかけて、ゆっくり触ってあげる。

それだけです。それで、閉じていた心が少し開きました。

CIMG0654.jpg

少し世間知らずのシャイな犬には、人馴れした先住犬がいると最高にいい感じで人馴れが進みますね。

もちろん、トトさんだけに任せるわけではありません。

カルナさんは、犬が怖いのでトトさんとカルナさんの間に介入するのはサトウの仕事です。

人間が介入できるのは、そんなところです。

CIMG0659.jpg

いつも、この距離感を保ってくれるトトさん。

また、そんなトトさんを見て驚く速さで学習していくカルナさん。

最高のわんこ達です。

CIMG0664.jpg


友人と長く電話して退屈だったようで、期待のポーズ

CIMG0665.jpg

本当はしつけ的にはご飯は残したらすぐに引き上げなくちゃいけないのですが、

カルナさんは、

「犬にご飯を盗られるんじゃないか?」

って思ってビクビクしながら食べるので、

カルナさんの分は誰も盗らないよ。

ということを教えるためにそのままに。

トトさんには、

「カルナさんのご飯をください」

と言わないようにお話させていただきました。

CIMG0660.jpg

聞き分けいいのがトトさんのいいところです。

今日もこれから、添い寝します。







04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

佐藤

Author:佐藤
はじめまして。
19年前なにも知らなかった私は、ブリーダーからコッカースパニエルのルディーを買いました。そして、こんなに大事にルディーはされているのに、殺されている犬がいることを知りました。ブリーダー放棄犬のイデルが家族になりました。そして、二人を天国に送って保護犬の預かりを始めました。現在は、宝と安とトトと旦那一人。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR